コンテンツにスキップする

米ADP民間雇用者数、7月は33万人増-予想を大きく下回る

ADPリサーチ・インスティテュートが発表した7月の米民間雇用者数は、増加幅が市場予想を大きく下回った。経済は幅広く改善しているものの、雇用の面では困難な状況が根強いことが示唆された。

キーポイント
  • 米民間雇用者数は前月比33万人増-2月以来の低い伸び
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は69万人増
    • 前月は68万人増(速報値69万2000人増)に下方修正

Missing Estimates

U.S. private payroll growth fell short of forecasts, according to ADP data

Source: ADP Research Institute

  雇用増加ペースの減速は、労働市場の完全な回復を達成する上で困難がなお残っていることを浮き彫りにしている。企業は解き放たれる繰り延べ需要に追いつこうとしているが、記録的な数に上っている求人を埋めるには時間がかかる見通しだ。

  サービス部門の雇用は31万8000人増。娯楽・ホスピタリティー分野は13万9000人増と、2月以来の低い伸びだった。

  財生産部門の雇用は1万2000人増。建設業の伸びは1000人にとどまった。

  ADPのチーフエコノミスト、ネラ・リチャードソン氏は「7月のデータは、雇用の伸びが第2四半期(4-6月)のペースから顕著に減速したことを示した」と指摘。「採用面でのボトルネックにより、雇用の伸びが加速できない状況が続いている。特に新型コロナウイルスの変異株に伴う懸念が影響している」と説明した。

原題:U.S. Companies Add Far Fewer Jobs Than Forecast, ADP Data Show(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE