コンテンツにスキップする

アルケゴス従業員、最大5億ドル分の繰り延べ報酬失う可能性-報道

アルケゴス・キャピタル・マネジメントの従業員は、繰り延べ報酬プランが同社の他の投資と共に崩壊したことで、約5億ドル(約545億円)の報酬を失う可能性がある。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が同社に近い関係者2人を匿名で引用し報じた。

  関係者がFT紙に述べたところによると、従業員らの繰り延べ報酬の価値は3月の暴落前に約5億ドルに膨らんでいたが、同社は崩壊前にこの資金を従業員側に渡していなかった。

  アルケゴスは従業員の年間ボーナス(賞与)の相当部分を、退社時に支払うとして繰り延べ報酬プランに拠出させていた。強制的にプランに拠出させられた原資は5000万ドルに満たない額だったが、その価値はアルケゴスの主要投資ファンドと連動して上下していたと別の関係者がFTに語った。

  元従業員の一部は、原資部分も含め繰り延べ報酬の支払いを受け取っていないという。

  アルケゴスの担当者はFTに対しコメントを控えた。

原題:Archegos Employees Face Losing Up to $500m in Deferred Pay: FT(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE