コンテンツにスキップする

米FDA、9月初めのファイザー製ワクチン最終承認目指す-NYT紙

米食品医薬品局(FDA)は米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンに最終承認を与えるため、9月初めまでの審査完了を目指している。米紙ニューヨーク・タイムズがこの取り組みに関与している複数の関係者を引用して報じた。

  バイデン米大統領は先週、秋の早い時期には全面的に承認されたコロナワクチンを見込めるとの見通しを示していたが、同紙が計画に詳しい複数の関係者からの情報を引用して伝えたところによれば、FDAは非公式の審査期限を9月6日の「レーバーデー」かそれより前に設定している。

  FDAは昨年12月、ファイザー・ビオンテック製コロナワクチンの緊急使用許可(EUA)を付与した。

ファイザーのコロナワクチン、米FDAが緊急使用を許可

原題:
FDA Aims for Final Approval of Pfizer Shot by Early Sept.: NYT(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE