コンテンツにスキップする

世界の投資銀行は絶好調-JPモルガンは1日143億円の利益

  • 世界の12大銀行の過去4四半期合計利益は18兆5400億円超
  • ゴールドマンとモルガン・スタンレーも利益の記録更新

バンカーの燃え尽き症候群もオフィス勤務再開の困難も新型コロナウイルス感染の新たな波も蹴散らして、世界の大手投資銀行は絶好調だ。

  決算シーズンが一段落したところで見ると、大手12投資銀行の過去4四半期の利益は合計で1700億ドル(約18兆5400億円)を超え、1年間として過去最高。新型コロナウイルス流行が始まった当初の落ち込みが遠い過去のものであることが分かる。JPモルガン・チェースが際立っており、1日当たり1億3100万ドル(約143億円)を稼いだことになる。

  新型コロナ流行の初期にはトレーディングの好調が投資銀行の業績を後押しし、昨年高まったボラティリティーが低下するとM&A(企業の合併・買収)の活況と特別買収目的会社(SPAC)の資金調達ブームが次の収益機会をもたらした。

  ウェルスマネジメントや資産運用部門は、過去に例のない規模の政府支援によって世界経済の回復が始まると、株式相場上昇の恩恵を受けた。リテール部門も貸倒引当金の戻し入れで利益が増えた。

  ゴールドマン・サックス・グループモルガン・スタンレーも利益面で記録を更新し、欧州ではUBSグループバークレイズが10年ぶりの高収益を上げた。ドイツ銀行やソシエテ・ジェネラルも世界経済の回復が追い風となった。銀行株は好業績を反映し、ダウ・ジョーンズ米銀行株指数は過去1年で59%上昇、ユーロストックス銀行株指数は56%上昇した。

Surging Back

Last year's pandemic dip in big banks' earnings was short-lived

Source: Company reports and Bloomberg data.

Note: Trailing 12 month profit at 12 of the biggest U.S. and European banks.

Historic Run

Global investment banks are racking up profits in the pandemic

Source: Bloomberg data and company reports.

原題:
Global Banks’ $170 Billion Haul Marks Most Profitable Year Ever(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE