コンテンツにスキップする

【新型コロナ】子供の大半は感染後1週間以内に回復-英研究

更新日時
  • 英国、16-17歳へのコロナワクチン接種認める方向-テレグラフ紙
  • NY市、屋内飲食とジムでワクチン接種証明の提示義務付けへ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米国感染症学会は新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大に伴い集団免疫達成の目安は押し上げられており、人口の80%超が免疫を獲得する必要があるとの見解を示した。この目安は90%に近づく可能性もあるという。

遠のく集団免疫、ワクチン接種率80%超が必要に-デルタ変異株拡大で

  バイデン米大統領はフロリダ、テキサス両州の共和党知事のコロナ対応を批判した。現在、米新規感染者数の約3分の1を両州が占めている。

  タイでは1日当たりの新規感染者が2万200人、死者が188人と共に過去最多を更新した。香港はマカオからの渡航者に隔離措置を課した。

  中国ではデルタ株の感染拡大への懸念が強まっており、多くの制限措置が再び講じられたほか、少なくとも46都市が住民に不要不急の旅行を避けるよう呼び掛けた。4日に報告された新規感染症例は86件と、感染拡大に歯止めがかかっていない。そのうち15件が無症状感染症例だった。

中国、デルタ株の感染拡大-コロナ対策でGDPへの影響必至  

  米食品医薬品局(FDA)は米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンに最終承認を与えるため、9月初めまでの審査完了を目指している。米紙ニューヨーク・タイムズがこの取り組みに関与している複数の関係者を引用して報じた。

米FDA、9月初めのファイザー製ワクチン最終承認目指す-NYT紙

  英国の大規模調査研究で、新型コロナウイルスに感染した子供の大半が1週間以内に回復したことが分かった。英医学誌ランセット・チャイルド・アンド・アドレセント・ヘルスに掲載された論文によると、症状が4週間以上続いた子供は約4.4%で、倦怠感や頭痛、嗅覚の喪失が多かった。同調査は昨年9月から今年2月22日にかけて5-17歳の子供25万人を対象に実施された。

  英国は16、17歳へのコロナワクチン接種を承認する方向だ。英紙テレグラフが報じた。

  米疾病対策センター(CDC)は3日、新型コロナ感染が深刻な地域を対象に新たな住宅立ち退き猶予措置を発令した。家賃が支払えなくなった人向けの同措置は7月31日に期限切れとなり、民主党内から激しい批判が巻き起こっていた。

米CDC、住宅立ち退きで新たな猶予措置-コロナ感染深刻な地域で

  ニューヨーク市は飲食店の従業員ならびに屋内飲食する顧客、そしてスポーツジムの従業員と利用客にコロナワクチン接種証明の提示を義務付ける。

NY市、屋内飲食とスポーツジムでワクチン接種証明の提示義務付けへ

  米食肉加工会社タイソン・フーズは米国内拠点の従業員全員に対し、11月1日までに新型コロナウイルスのワクチン接種を終えることを義務付けた

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は1億9950万人、死者数は424万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界の新型コロナワクチン接種回数は累計で42億1000万回を超えた。

原題:Delta Spikes Herd Immunity Threshold to Over 80%: Virus UpdateFlorida Hospital Use Hits Record; Tyson’s Mandate: Virus Update(抜粋)

(英研究や中国、タイなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE