コンテンツにスキップする

中国アリババ傘下のアント、37%減益-IPO中止後の1-3月

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国アリババグループ傘下のフィンテック企業、アント・グループの1-3月決算は、利益が136億元(約2300億円)に減少した。中国当局は昨年末、史上最大となるはずだったアントの新規株式公開(IPO)計画に対して突然、中止を命じ、同社に事業縮小を指示していた。

  アントの3日付届け出によると、1-3月のグループ利益に対するアントの寄与は約45億元だった。アリババのアント持ち分は33%のため、アントの同期利益は136億元だったことになる。アントはアリババから1四半期遅れで決算を報告している。アントはコメントを控えた。

  中国当局による国内テクノロジー大手の締め付け強化が広がる中、アントが大きな課題に直面していることを今回の減益決算は浮き彫りにしている。

関連記事
中国アリババ、売上高は予想に届かず-自社株買いを50%拡大へ
中国、アントの消費者金融新会社に営業開始認める-再編の重要な一歩
アントが従業員向け無利子融資を計画、社内士気向上目指す-関係者
中国テクノロジー大手の「黄金時代は終焉」-起業家に究極の悪夢か
アント・グループ、金融持ち株会社に-中国当局が求める

原題:Jack Ma’s Ant Sees Profit Slide 37% After Regulatory Setback (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE