コンテンツにスキップする

中国アリババ、売上高予想に届かず-当局締め付けの影響表面化

更新日時
  • 4-6月売上高は2057億元、約2年ぶりにアナリスト予想下回る
  • 前四半期の9年ぶり赤字から回復、純利益451億元

中国の電子商取引運営会社アリババグループの4-6月(第2四半期)売上高は、ここ2年余りで初めて市場予想を下回った。インターネット事業に対する中国当局の取り締まり強化の影響が表面化した。

  クラウドから電子商取引まで主要な事業分野全てで成長が鈍化し、政府が次々と打ち出す規制が事業拡大を抑制し、企業負担を増やしているとの懸念が強まった。張勇最高経営責任者(CEO)は3日、データ収集や過度の補助金の抑制など今年出された一連の政府政策に支持を表明した。

  ニューヨーク市場のアリババ株は3日、1.4%安で終了した。

Alibaba misses revenue estimates for the first time in two years

  3日の決算発表によると、4-6月の売上高は2057億元(約3兆4700億円)に増えたものの、アナリスト予想平均の2094億元は下回った。純損益は451億元の黒字と、独占禁止法違反による記録的な罰金で赤字となった前四半期から回復した。

  同社は自社株買い戻しプログラムを1.5倍の150億ドル(約1兆6400億円)規模に拡大する方針も示した。

  最初に中国当局の締め付けの標的となった大手インターネット企業の1社であるアリババの決算は、政策環境の激変が実際の業績に与える影響を見極める手掛かりとして注目が集まる。アリババは成長鈍化と中国電子商取引市場でのシェア低下の中で、バーゲン用プラットフォームやコミュニティーコマースなどの新分野への投資を進めている。

原題:
Alibaba Sales Miss in Sign Spending Has Yet to Pay Off(抜粋)

(第1-3段落を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE