コンテンツにスキップする

北朝鮮の金正恩氏、後頭部にばんそうこう-健康状態巡り再び臆測呼ぶ

  • ばんそうこうは北朝鮮国営メディアが公表した画像で明らかに
  • 金氏の健康状態、通常と異なる兆候ないと韓国情報当局-聯合

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記が最近姿を現し、健康状態を巡る臆測を再び呼んだ。後頭部に切手数枚分の大きさのばんそうこうが貼られていたためだ。

  北朝鮮専門メディアのNKニュースと韓国紙・中央日報によると、金氏が7月24日から27日まで軍のイベントに出席した際の映像から、ばんそうこうが明白に確認できたという。両メディアは北朝鮮国営メディアを精査した結果、7月末にはばんそうこうがなくなり、濃い緑色のあざのようなものが見られたことも明らかにした。

  金氏(37)はこめかみの辺りまで髪の毛をそり上げているため、後頭部に傷があれば隠すのは困難だ。この画像を外の世界に公表したことで、同氏の健康状態について手がかりを求めている外国情報機関に北朝鮮は格好の材料を提供したことになる。

  韓国の聯合ニュースが伝えたところによると、同国の国家情報院(国情院)は金氏の健康状態に通常と異なる兆候はないと考えている。国情院の説明を受けた複数の議員は、ばんそうこうは数日で取り外され、傷はなかったと述べたという。

  NKニュースは、金氏が7月11日の音楽家らとのイベントに出席した際に国営メディアが公開した写真には後頭部に何も異変はなかったと指摘。このイベントの後、金氏は元山の海岸沿いの邸宅で過ごしていた公算が大きいとも付け加えた。

原題:
Add Kim Jong Un’s Head Bandage to List of Health Mysteries (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE