コンテンツにスキップする

中国華融、アント消費者金融部門の持ち株売却を計画-関係者

中国国有の不良債権受け皿会社、中国華融資産管理は、フィンテック企業アント・グループの消費者金融部門の株式を売却する計画だ。非中核事業の切り離しを加速させる。

  中国華融は重慶螞蟻消費金融の持ち株4.99%の売却に動いていると、事情に詳しい関係者が非公開情報を話しているとして匿名を条件に明らかにした。関係者の1人によれば、この株式をアントが中国華融から買い取った後で、他の株主らと協力して重慶螞蟻消費金融を増資する可能性がある。中国華融の持ち株は当初、3億9900万元(約67億円)と評価された。

  中国華融にコメントを求めたが直ちには返答は得られず、アントはコメントを避けた。

関連記事
中国華融、2部門を撤退・再編へ-中核事業専念と財務強化図る
中国、アントの消費者金融新会社に営業開始認める-再編の重要な一歩

原題:Huarong Plans to Sell Stake in Ant’s Consumer Finance Unit(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE