コンテンツにスキップする

トルコのインフレ、7月も予想以上の加速-食品・エネルギー値上がり

トルコではインフレが7月も前月に続き加速した。食料品とエネルギーの値上がりが響いた。エルドアン大統領が望む夏季の利下げは実現の可能性が低下した。

  3日発表の統計によると、7月の消費者物価は前年同月比18.95%上昇。インフレ率は前月の17.53%から高まった。ブルームバーグが調査したアナリスト21人の予想中央値は18.6上昇%。前月比では1.8%上昇した。

  エネルギー価格は前年同月比で21.51%上昇と、前月の17.3%を上回る値上がりとなった。原油高が原因だが、他の財・サービスのインフレに影響が広がる可能性は一段と高まった。

  食料品やエネルギーなど変動の激しい項目を除くコアインフレ率は17.22%。前月の17.5%からは低下したが、強いインフレ圧力が示唆された。

  インフレ統計項目の約4分の1を占める食料品は24.92%値上がりし、同国の中央銀行が年末について予測する15%を大きく上回った。前月は20%上昇だった。

原題:Turkish Inflation Accelerates More Than Expected on Food, Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE