コンテンツにスキップする

クレディS、37.5億ドル相当を起債-アルケゴス絡み損失受け対応続く

  • 起債は3本立て-5年物が最長で17.5億ドル規模と関係者
  • 米国債に対する上乗せ利回り65bp、当初は80bp前後とされていた

クレディ・スイス・グループが37億5000万ドル(約4100億円)相当の社債を起債した。

  起債は3本立て。事情に詳しい関係者によれば、17億5000万ドル規模の5年物固定利付債が最長で、米国債に対する上乗せ利回りは65ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に決まった。当初は80bp前後とされていたという。関係者が匿名を条件に語った。起債計画には初め5年物の変動利付債が含まれていたが、見送られた。

  クレデイ・スイスはアルケゴス・キャピタル・マネジメントに絡む約55億ドルの損失を受け、一部幹部の交代や減配、自社株買いの一時停止など大幅な措置を講じてきている。

  同行の担当者は今回の起債についてコメントを控えた。

原題:Credit Suisse Sells $3.75 Billion of Debt Amid Archegos Cleanup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE