コンテンツにスキップする
Photographer: Gabby Jones/Bloomberg
cojp

スクエア、後払い決済サービスの豪アフターペイ買収へ-290億ドル

  • 全額株式交換で買収することで合意、22年1-3月に完了の見通し
  • 今回の買収で、現在は提供していない消費者向け融資に進出する機会

モバイル決済サービスを手掛ける米スクエアは、オーストラリアのアフターペイを290億米ドル(約3兆1800億円)相当の全額株式交換で買収することで合意した。スクエアにとって最大の買収となる。

  アフターペイは、消費者が商品をクレジットで購入し期限までに支払えば手数料なしで分割払いできるサービスを提供する。7月30日の取引終了時点の同社の時価総額は約279億豪ドル(約2兆2500億円)。発表資料によると、買収は2022年1-3月(第1四半期)に完了する見通し。

  スクエアは最近、中小企業への当座・普通預金口座の提供を含む銀行業務を開始したほか、ローンも提供している。アフターペイが加わることで、現在は提供していない消費者向け融資に進出するチャンスとなる。

スクエア、当座・普通預金の中小企業への提供準備か-米銀大手に対抗

原題:Square to Buy ‘Pay Later’ Company Afterpay for $29 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE