コンテンツにスキップする

ファウチ氏がワクチンの効果を強調、重症化から「人々を守っている」

新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した人の感染例が増えている中、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は1日、ワクチンには極めて高い効果があると述べた。

  ファウチ氏はCBSの番組でワクチンを接種した人について、「感染しても重大な事態になる可能性は非常に低い」と指摘。「まったく症状がないか、あっても極めて軽い症状で済む可能性が非常に高くなる。従って、ワクチンは期待されている効果を発揮している。病気にならないよう人々を守っている」と述べた。

米保健当局、マスク着用指針を再び厳格化-デルタ株の感染拡大で (1)

  ワクチン接種を済ませていても感染するブレークスルー(突破)の例が増え、接種済みでも感染を広げる可能性は従来考えられていたよりも高いことが示唆されている。

  ファウチ氏はワクチン接種を受けるかどうかといったことを決めるのは個人の権利だという考え方に一定の理解を示しながらも、「しかしあなたが誰かに感染させる連鎖の一部になるのであれば、影響はあなたにとどまらない。あなたが社会の一員であることを考えなくてはならない。責任があるからだ」と述べた。

原題:Fauci Says Shots Work Despite Cases Among the Fully Vaccinated(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE