コンテンツにスキップする

米アマゾンに970億円の制裁金、EUデータ保護規則違反で過去最大

  • ルクセンブルクのデータ保護国家委員会がEU規則違反と判断した
  • アマゾンは第三者にデータさらされていないと反論、不服申し立てへ

アマゾン・ドット・コムが欧州連合(EU)のデータ保護規則に違反したとして、域内当局から7億4600万ユーロ(約970億円)の制裁金を科されたことが明らかになった。個人情報保護を巡るEU制裁金としては過去最大。

  ルクセンブルクのデータ保護国家委員会(CNPD)が、アマゾンの個人情報処理はEUの一般データ保護規則(GDPR)に違反していると7月16日に判断して制裁金を科した。同社が30日の規制当局への届け出で明らかにした。

  アマゾンは発表資料で、「データ違反はなく、顧客情報が第三者にさらされた例も全くない」と主張。「この事実に議論の余地はない。CNPDの判断には強い異論がある」として、不服申し立ての予定だと付け加えた。ブルームバーグはCNPDにコメントを求めたが、今のところ返信はない。  

  EU情報保護当局の権限は、GDPR施行が2018年5月に開始されてから大幅に強化された。対象企業の世界年間売上高の4%相当まで制裁金を科すことが可能で、これまでの最大はフランスの「情報処理と自由に関する国家委員会」(CNIL)がグーグルに科した5000万ユーロ。

グーグルに仏情報保護当局が62億円制裁金-新EU規則を初めて活用

原題:
Amazon Gets Record $888 Million EU Fine Over Data Violations (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE