コンテンツにスキップする

米消費者マインド指数、7月確定値は速報から上方修正

更新日時

7月の米ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は81.2と、速報値の80.8から上方修正された。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値(80.8)を上回った。前月は85.5。

  指数細目では、1年先のインフレ期待が4.7%と前月の4.2%から上昇した。5年先のインフレ期待は2.8%で変わらず。「消費者の大半は今もインフレが一過性のものになると予想しているが、そう遠くない将来にインフレ率が高まる公算が大きいことを示す兆候は増えている」とリポートは指摘した。

  期待指数は79(前月83.5)、現況指数は84.5(同88.6)とそれぞれ低下した。

  • 統計表

原題:U.S. July Final Michigan Sentiment Fell to 81.2; Est. 80.8(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE