コンテンツにスキップする

中国、アリババやテンセントなどテクノロジー大手25社に問題是正指示

中国は違法なオンライン活動を根絶する取り組みの一環として、同国テクノロジー企業25社に対して内部調査の実施を命じた。

  この25社はアリババ・グループ・ホールディングテンセント・ホールディングス(騰訊)を含むインターネットやハードウエア関連の大企業。工業情報省は30日、データセキュリティーや消費者の権利保護などさまざまな問題について内部調査を実施し、是正するよう求めた。

  アリババとテンセントなど12社は28日にも、工業情報省の代理として中国インターネット協会が開催したセミナーで、重要な情報の国外移転などでのデータセキュリティー強化を要求されていた。

中国、アリババやテンセントなど12社とセミナー-データ安全法順守で

  両方の会合に呼び出されたのはこのほか、美団、小米、北京字節跳動科技(バイトダンス)など。30日の会合で工業情報省は、ポップアップやデータ収集、ストレージ、外部リンクの遮断など8つの問題行為を挙げ、対処を指示した。

原題:
China Orders 25 Tech Giants to Fix Raft of Problems(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE