コンテンツにスキップする

キャシー・ウッド氏のアーク、ロビンフッドの強い味方-上場初日購入

  • アーク・イノベーションETFが約50億円を買い入れた
  • ロビンフッド株は初日8.4%下落-この規模の米IPOとして最悪

キャシー・ウッド氏率いる米アーク・インベストメント・マネジメントの上場投資信託(ETF)は29日、同日上場した米ロビンフッド・マーケッツの株式を購入した。株式取引アプリのロビンフッドは低調な株式公開となったものの、強い味方を得た格好だ。

  アークの日次取引報告書によると、旗艦ファンドのアーク・イノベーションETF(ARKK)は29日にロビンフッド株約130万株を購入した。同日終値の34.82ドルに基づくと4500万ドル(約49億3000万円)余りに相当する。

  ロビンフッドの新規株式公開(IPO)価格は仮条件の下限に設定され、初日の取引でも8.4%下落。ブルームバーグがまとめたデータによると、この規模の米IPOとして史上最悪のパフォーマンスとなった。

ロビンフッド株、上場初日に急落-小口投資家を呼び込めず

  ARKKは2020年に149%上昇。投資家としてのウッド氏の名声を固めた。同氏の手法は日々わずかずつ、上がっている銘柄を売り下がっている銘柄を買うというものだと、ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏が最近、説明していた。

  動画ストリーミング機器・ソフトウエア開発を手掛ける米ロクは2週間前までウッド氏のトップ級銘柄だったが、アークは1カ月にわたり少しずつ保有を減らしていた。29日にさらに売却していたことが最新の報告で分かった。

原題:Robinhood Gets Cathie Wood’s Backing Despite Miserable First Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE