コンテンツにスキップする

ドゥテルテ比大統領、米国との主要軍事協定を復活-米国防長官

  • フィリピンは昨年、地位協定の破棄を米側に通告していた
  • 南シナ海での中国との緊張が高まる中で、扱いは繰り返し留保された

フィリピンのドゥテルテ大統領は国内での米兵の法的地位を定めた「訪問軍地位協定」を復活させた。同国を訪問中のオースティン米国防長官が30日明らかにした。

  フィリピンは1年以上前に同協定の破棄を米国に通告していたが、29日にマニラで行われた同大統領とオースティン長官の会談で、両国関係を強化する余地があるとの認識で一致。30日にフィリピン大統領府が発表した声明によれば、両氏はフィリピンと米国の関係や将来の方向性について「オープンかつ率直な」議論を行った。

Lloyd Austin, Rodrigo Duterte

オースティン米国防長官(左)とドゥテルテ大統領(29日)

  昨年の同協定の破棄通告は、ドゥテルテ大統領が中国寄りにかじを切った決定と見なされていた。しかし、この数カ月間に南シナ海で係争中の海域を巡るフィリピンと中国の緊張が高まる状況下で、同協定の取り扱いは繰り返し留保されてきた。

  フィリピンは米国の支持を得て中国船舶の同海域における行動に抗議したが、中国は合法的だと反論した。

中国船300隻近くに増える、フィリピンとの係争海域-ロクシン外相

  

原題:
Philippines’ Duterte Restores Key Military Pact With U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE