コンテンツにスキップする

ドイツのインフレ率、7月は前年比3.1%上昇-2008年以来の高水準

ドイツのインフレ率は7月に大幅上昇し、2008年以来の高水準となった。同国では新型コロナウイルス対策に伴う制限措置が解除され、経済活動が再開している。

  ドイツ連邦統計庁が発表した7月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比で3.1%上昇。エコノミスト予想の同2.9%上昇を上回った。

ドイツの7月消費者物価指数:表

  昨年の付加価値税(VAT)減税措置が失効したほか、CPIに含まれる財・サービスの項目に変更があったことなど、複数の特殊要因が前年比でのCPIを押し上げた。

  ドイツ連邦銀行(中央銀行)の予測によれば同国のインフレ率は今年、4%まで上昇する可能性がある。約20年前のユーロ導入以降、同国のインフレ率がこの水準に上昇したことはない。

German inflation rate rose to highest level since 2008

EU調整済み独インフレ率とユーロ圏インフレ率(6月末)

出所:ドイツ統計局、ユーロスタット

原題:German Inflation Jumps to Highest in More Than a Decade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE