コンテンツにスキップする

中国当局、自国企業の米IPOを今後も容認へ-報道

  • 要件を満たす限り米国での上場を引き続き認める方針-CNBC
  • VIE構造を用いた越境型の株式上場もあり得る

中国当局は国内企業が上場要件を満たす限り今後も米国での上場を認める方針だと、事情に詳しい関係者を引用してCNBCが報じた。関係者の名前は明示していない。

  CNBCによれば、中国の証券監督当局は28日遅く、証券各社にこの方針を伝えた。変動持ち分事業体(VIE)構造を用いた越境型の株式上場もあり得るという。VIEは国際的な投資家が米国で中国企業の株式にアクセスできるようにする構造。

  報道によると、VIE構造は企業が外国の資本を呼び込む上で不可欠な手段と中国の規制当局は認識しているが、国家安全を巡る懸念があれば調整の必要があるとも話した。

  CNBCは証券監督当局にコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

原題:
China to Continue to Allow Chinese Firms to IPO in U.S.: CNBC(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE