コンテンツにスキップする

テンセント時価総額、今月一時1700億ドル減-当局による締め付け響く

  • 7月の時価総額減少、上位10社中9社が中国勢-美団やアリババも
  • ただ、29日の香港市場でテンセント株は一時11%高を付けた

中国のインターネットサービス大手テンセント・ホールディングス(騰訊)は今月に入り、時価総額が大きく減少した。中国政府による過去に例を見ないテクノロジー業界への締め付けが響いている。

  28日時点で、テンセント株は月初から23%下落し、時価総額の約1700億ドル(約18兆6700億円)を失った。ブルームバーグのデータによると、この期間の時価総額減少幅としては世界で最も大きかった。7月に入り時価総額の減少が特に目立つ企業10社のうち9社は、美団アリババグループといった中国企業だ。

  ただ、29日の香港市場でテンセント株は一時11%高を付けている。中国本土株と香港株の指標も上昇。民間教育産業に対する締め付けを巡る市場の懸念を和らげることを狙った当局の取り組みが好感された。

中国当局、大手投資銀幹部と会合-締め付け強化への懸念緩和狙う

  中国当局はデータセキュリティーや金融安定性を脅かしかねないとみられる一部テクノロジー大手企業への締め付けを強めており、テンセントも標的となっている。同国政府が、かつて急成長した民間教育などの分野にまで規制の対象を広げたことで、テンセント株は今週初め急落していた。

Biggest Losers

Tencent loses $170 billion market value in July

Source: Bloomberg

NOTE: The ranking is based on market value changes of members of MSCI World Index and MSCI Emerging Markets Index

  ペガサス・ファンド・マネジャーズのマネジングディレクター、ポール・ポン氏は「当局による締め付けが終わるとは思わない。データセキュリティーは今後数年にわたり政策担当者の最優先事項だ」と指摘。その上で、「こうした状況に対応する上で、テンセントなどテクノロジー大手企業を中心にバリュエーションの調整を余儀なくされるだろう」と述べた。

個人投資家は政治リスク考慮を、米国株より割安な中国株買う前に

  ただ、規制当局のさらなる懲罰的措置への懸念にもかかわらず、テンセント株は割安とみられ始めており、大半のアナリストは目標株価引き下げを見送っている。同銘柄をカバーするアナリスト68人中62人は依然として「買い」の投資判断を付与。ブルームバーグのデータによれば、アナリストの目標株価(平均)は736.3香港ドルと、28日終値の447.2香港ドルを65%上回る水準となっている。

Tencent has lost over 40% since January peak

原題:Tencent Is World’s Worst Stock Bet With $170 Billion Wipeout (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE