コンテンツにスキップする

中国・香港株が大幅上昇-当局は締め付け懸念緩和の取り組み強化

更新日時
  • CSI300指数が1.4%上昇-ハンセン指数2.9%高の場面も
  • 中国、自国企業が要件満たす限り今後も米上場認める方針-報道

中国本土と香港の株式相場は29日に大幅上昇。中国当局は民間の教育産業に対する締め付けを巡る市場の懸念を和らげる取り組みを強化した。中国人民銀行(中央銀行)がこの日の公開市場操作(オペ)で資金を供給したことも支援材料となった。

  本土のCSI300指数は1.4%高で午前の取引を終了。素材株やテクノロジー銘柄の上げが目立っている。一方、香港ハンセン指数は一時2.9%高。フードデリバリーの美団とテンセント・ホールディングス(騰訊)はいずれも8%以上の値上がり。

  中国当局は自国企業が上場要件を満たす限り、今後も米国での上場を認める方針だとCNBCが報道。テクノロジー銘柄は上げ幅を広げた。

中国当局、自国企業の米IPOを今後も容認へ-報道

Hang Seng Index rebounds from steep losses

  ハンセンテック指数は一時7.4%上昇。教育銘柄も高い。新東方教育科技集団は一時11%上昇。新東方在線科技は18%高となる場面もあった。

中国当局、大手投資銀幹部と会合-締め付け強化への懸念緩和狙う

  IGアジアのマーケットストラテジスト、ヤップ・ジュン・ロング氏は証券監督管理委員会(証監会)が28日夜に開いた会合が投資家をいくらか安堵(あんど)させたと指摘しながらも、「これが一時的な安心感にとどまるのか、より長期的な上昇トレンドになるのか。その答えは中国が今後の規制面の締め付けを巡る投資家の不安と、国内企業の成長への影響を和らげることができるのかにかかっている」と述べた。

China's largest internet stocks rebound after steep selloff

  招銀国際証券の蘇沛豊ストラテジストは28日の会合について、「一連の規制政策は証監会から生じているわけではなく、投資家の懸念を完全には払拭(ふっしょく)できないだろう」と語った。

原題:China Stocks Rally as Beijing Escalates Efforts to Calm Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE