コンテンツにスキップする

シンガポールのGIC、モリソン買収でフォートレスの陣営に参加

英大手食料品小売りチェーンのウィリアム・モリソン・スーパーマーケッツの買収合戦でシンガポールの政府系ファンド(SWF)が、63億ポンド(約9620億円)の買収案を提示した米投資会社フォートレス・インベストメント・グループ率いる投資家連合に加わる。

  28日の発表によれば、シンガポール政府投資公社(GIC)傘下のカンボーン・ライフ・インベストメントが、米資産家コーク一族およびカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)とともにフォートレスのグループに加わる。

  GICはすでにモリソンに少額を出資しており、今回の株式非公開化を後押しするためモリソン株3%を1億ポンドで追加取得する計画。買収額の約51%はフォートレスが出資し、CPPIBが31%を提供、コーク一族の複合企業コーク・インダストリーズの不動産部門が15%を出す。

関連記事
アポロ、英モリソンへの買収提案参画で米フォートレスと協議
PE投資会社CD&R、英モリソンへの新たな買収提案を検討-関係者

原題:Singapore Wealth Fund Joins Fortress’s Bid for Morrison (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE