コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(7月28日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株反落、感染拡大と中国規制でリスク回避売り-空運や半導体安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は4営業日ぶりに反落。新型コロナウイルスの新規感染者増や中国での規制強化が投資家のリスク回避姿勢を強めた。感染拡大の影響を受けやすい空運や陸運の下落が目立った。米ハイテク株安を受け半導体や電子部品関連が値下がりし、機械や電機など輸出関連銘柄にも売りが広がった。

  • TOPIXの終値は前日比18.39ポイント(1.0%)安の1919.65
  • 日経平均株価は388円56銭(1.4%)安の2万7581円66銭

三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジスト

  • アジアでの新型コロナウイルスの感染拡大や中国の規制強化などネガティブな材料が多く出たため、世界経済の先行き不透明感が増した。アジア時間の株式市場では、この不安感を反映した相場になった
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を見極めたい投資家が多く、S&P500先物も時間外取引で下落した

東証33業種

下落率上位金属製品、情報・通信、サービス、空運、その他製品、陸運、電機
上昇率上位鉄鋼、石油・石炭製品、パルプ・紙、電気・ガス

●債券は上昇、米長期金利低下で買い優勢-超長期債に割安感との声も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)  

  債券相場は上昇。前日の米国市場で長期金利が低下したことを受けて、金利低下余地のある超長期債を中心に買われた。40年債などに割安感があることも買い材料になったとの声が出ていた。

  • 新発10年債利回りは前日比0.5ベーシスポイント(bp)低い0.01%
  • 新発20年債利回りは0.5bp低い0.395%。新発30年債利回りは0.64%、新発40年債利回りは0.73%とともに1bp低下
  • 長期国債先物9月物の終値は6銭高の152円35銭。米長期金利低下の流れを引き継ぎ買いが先行し、午後には一時152円38銭まで上昇したが、引けにかけて上げ幅を縮めた

みずほ証券の松崎涼祐シニアマーケットアナリスト

  • 海外金利の低下を受けて、金利低下余地の少ない中長期債に代わりに超長期債が買われた
  • 10年債は来週の入札を控え、利回りがゼロ%近くにあり高値警戒感から小幅の低下にとどまった

日銀オペ

  • 残存期間1年以下、3年超5年以下、5年超10年以下で、通知額はそれぞれ1500億円、4500億円、4250億円 

●ドル・円は109円台後半、月末需要支えもリスクオフの中で上値重い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=109円台後半で小動き。月末を控えたドル需要で小幅高となる場面が見られたものの、中国株安主導のリスク回避の動きが重しとなった。今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた様子見姿勢もあり取引レンジは総じて狭かった。

ハイライト:
  • ドル・円は午後3時17分現在、前日比ほぼ変わらずの109円82銭。ここまでのレンジは109円74銭から109円91銭
  • 豪ドル・ドルは変わらずの1豪ドル=0.7362ドル。ここまでのレンジは0.7349ドルから0.7375ドル

オーストラリア・ニュージーランド銀行外国為替・コモディティ営業部の町田広之ディレクター

  • ドル・円はリスクオフ的な動きの中、東京時間はスポット末日ということもあり需給主導の買いも。中国株安が進んでいるが、米株はそこまでつられておらず、ドル・円の下値は限定的。米金利の低下余地も限定的な中で109円台は買い場となりやすい
  • 豪ドルは商品市況や中国株に引っ張られている。国内ロックダウン延長などへの懸念が強く、11月の政策見直しもハト派になるリスクが意識され上値は重い
  • 豪消費者物価指数(CPI)は6月下旬からロックダウンが始まったこともあり、4ー6月期の結果は材料になりづらかった
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE