コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
cojp

スターバックス株、時間外で下落-中国の通期見通し引き下げ響く

  • 4-6月世界既存店売上高は前年比73%増、予想上回る-米国も好調
  • 中国の既存店売上高、予想下回る-通期見通し18-20%増に引き下げ

スターバックスが27日発表した4-6月(第3四半期)の既存店売上高は、米経済の力強い回復を背景に市場予想を上回った。ただ、主要市場である中国の見通しがそれほど楽観的でなかったことが重しとなり、株価は時間外取引で下落した。

  4-6月の世界既存店売上高は前年同期比73%増と、予想を上回る伸びとなった。米国の既存店売上高(83%増)も予想(76.3%増)を上回り、新型コロナウイルス禍以前の2年前との比較では10%増加。冷たい飲み物の販売好調が寄与した。

  一方、中国の既存店売上高(19%増)は予想(32.5%増)を大幅に下回り、同国での顧客の平均支出も減少した。比較対象の前年同期に、中国の増値税(付加価値税)免除で同国と海外の売上高が押し上げられていたことも不利に働いたと、同社は説明している。

Starbucks comparable-store sales slowed in China

  スターバックス株はニューヨーク時間27日午後6時23分(日本時間28日午前7時23分)時点で3%安。通常取引はほぼ変わらずで引けた。年初来では18%上昇している。

  同社は2021年9月通期の中国既存店売上高の見通しを18-20%増と、従来の27-32%増から下方修正。海外既存店売上高の見通しも引き下げた。米州の既存店売上高見通しは21-22%。従来予想は17-22%だった。

原題:Starbucks Slips as Slowing China Growth Outweighs U.S. Boom (1)、Starbucks 3Q Comparable Sales Beat Estimates: Snapshot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE