コンテンツにスキップする

テンセント、微信の新規ユーザー登録を一時停止-不透明性で株価急落

  • 新規登録停止は技術的アップグレードが理由、8月初め頃再開と説明
  • 香港市場で株価は9%安、2011年10月以来の大幅下落

中国のインターネットサービス大手テンセント・ホールディングス(騰訊)は、メッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」の新規ユーザー登録を停止すると発表した。中国のテクノロジー業界では2日間にわたって株価が急落しており、不透明性を増している。

  微信のユーザーはすでに10億人を超えている。微信は関連する法や規則に従って「セキュリティーの技術的なアップグレード」を進めていると、テンセントがオンラインで発表した。新規ユーザー登録の再開は8月初め頃になる見通しだという。

  27日の香港株式市場でテンセント株は9%安で引け、2011年10月以来の大幅下落。同社は依然、時価総額で最大の中国企業だが、この2営業日で1000億ドル(約11兆円)以上の時価総額を失った。

原題:
Tencent Suspends WeChat User Registrations Amid Tech Fears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE