コンテンツにスキップする

オースティン米国防長官、アジア関与強化を約束-対中で「ひるまず」

  • 中国との対立を望んでいるのではない-オースティン長官
  • シンガポールを訪問しウン国防相と会談、秩序維持の重要性で一致

オースティン米国防長官は27日、米国はアジア太平洋地域に関与していくと確約し、中国の攻撃的な姿勢に対しては受けて立つ意向を明確に示した。

  オースティン氏はシンガポールで講演し、「われわれの利益が脅かされている時に、われわれはひるむことはしない」と言明した上で、「しかし対立を望んでいるのではない」と続けた。

Defense Chiefs Testify On Department Of Defense 2022 Budget

オースティン国防長官

Photographer:Evelyn Hockstein/Reuers/Bloomberg

  国際戦略研究所(IISS)が主催した行事に出席したオースティン氏は、域内の航行を巡る中国側の主張や挑発的な軍事行動を含めて、米政府は「さまざまな対立の領域における威圧と攻撃を抑止すべく、同盟国と取り組んでいく」と述べた。

  同氏は「残念ながら、平和的な紛争解決や法支配の尊重に対する中国の消極的な態度は海上だけではない」と述べ、「インドに対する攻撃のほか、安定を揺るがす軍事行動や他の形での台湾の人々に対する威圧、さらに新疆ウイグル自治区でイスラム教徒のウイグル族に対するジェノサイド(民族大量虐殺)や人道に対する罪をわれわれは目にしてきた」と続けた。

  シンガポールではウン国防相と会談。「域内の安全保障環境を協議し、ルールに基づいた秩序を維持することの重要性で見解が一致した」との共同声明を発表した。

原題:Pentagon Chief Slams China While Vowing Deeper Role in Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE