コンテンツにスキップする

東京で過去最多の2848人がコロナ感染、菅首相は五輪中止を否定

更新日時
  • 菅首相は外出自粛とテレビ観戦呼び掛け、「人流は減っている」
  • 20-30代で全体の55%、60代以上は5%-重症者は82人

東京都は27日、2848人(前日1429人)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1月7日の2520人を上回り、過去最多を更新した。

  発表によると、感染者の直近7日間移動平均は1762.6人(同1553.9人)で前週比149.4%(同141.2%)となった。重症者数は82人(前日78人)。  

  菅義偉首相は東京五輪を中止する選択肢はあるかと問われ、「人流も減っており、そこはない」と述べた。不要不急の外出は避け、テレビで観戦するよう重ねて呼び掛けた。官邸で記者団に語った。

東京都のコロナ感染状況

新規感染者数

出所:東京都

年代10歳未満10代20代30代40代50代60代70代80代90代以上
人数97275951610466301912523

  年代別の感染者数は20代が951人で最も多く、20-30代で全体の55%を占めた。一方、60代以上は5%にとどまっている。

  政府は東京都に12日から4回目の緊急事態宣言を発令。宣言下で開幕した東京五輪は大半の会場が無観客で行われている。

  政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は20日、日本テレビの番組で、8月第1週には東京で1日当たりの感染者数が3000人近くまで増加するとの見通しを示していた。

関連記事
(菅首相のコメントを追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE