コンテンツにスキップする

中国恒大、特別配当を予想外に見送り-株価は一時12%超下落

  • 取締役会が特別配当案の取り消し決定-市場環境などを考慮
  • 巨額の債務を抱える中国恒大、銀行や格付け会社が警戒強める

中国の不動産開発大手、中国恒大集団は自ら検討していた特別配当の実施を予想外に見送った。巨額の債務を抱える同社に対して銀行や格付け会社が警戒を強めているとのニュースで投資家が動揺していた。

  香港取引所への27日の届け出によると、中国恒大の取締役会は特別配当案の取り消しを決めた。現在の市場環境や株主ならびに債権者の権利、長期的な事業発展を考慮したという。特別配当の検討は2週間弱前に明らかにしていた。

中国恒大株、香港市場で大幅高-特別配当を検討と発表

  現金配当か株式配当、上場子会社の株式割り当てのうちいずれかで特別配当が行われると見込んでいた市場関係者にとっては予想外の決定だった。

  香港に上場する中国恒大の株価は27日、一時12%を超える下げとなった。

関連記事

中国恒大を「B-」に2段階格下げ、見通し「ネガティブ」-S&P

中国恒大の株価と社債が急落、流動性危機懸念で-巨額債務返済に不安

原題:Evergrande Decides Against Special Dividend in Surprise Move (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE