コンテンツにスキップする

バイオジェンとエーザイ、「アデュヘルム」治験で認知低下遅らせる効果

エーザイと米医薬品メーカーのバイオジェンは、共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム」(一般名アデュカヌマブ)」について、治験データを分析した結果、発症の初期段階で認知と機能、行動の測定基準において一貫して低下を遅らせることが示されたと発表した。

  30日まで開催されるアルツハイマー病協会国際会議(AAIC2021)で、両社がデータを提示した。

バイオジェンが反論、アデュヘルム承認への批判は「著しい偽情報」

原題:Biogen, Eisai: Aduhelm Trial Shows Consistently Slowing Decline(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE