コンテンツにスキップする
Subscriber Only

アマゾン、仮想通貨で支払い受け入れを計画との報道否定

更新日時
  • 決済チームがデジタル通貨とブロックチェーンの専門家を募集
  • アマゾン、現時点では仮想通貨での支払いは受け付けていない

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

アマゾン・ドット・コムの決済チームは、ユーザーが仮想通貨で商品を購入できるようにすることを模索しており、デジタル通貨市場に波乱を巻き起こしている。

  アマゾンは先週、「デジタル通貨とブロックチェーン製品」を率いる人材を求める広告をウェブサイトに掲載。ニュースサイトのインサイダーがこの求人広告の存在を報道した後、ビットコインは4万ドル付近まで上昇した。アマゾンの株価も約1%上昇した。

ビットコイン急落、4万ドル突破後に-アマゾンが支払い巡る臆測否定

  この求人広告は、「ブロックチェーンや分散型台帳、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、仮想通貨の分野における専門知識を生かし、そのしかるべき可能性を現実にできるよう開発してもらいたい」と呼び掛け、「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を含むアマゾン全社のチームと連携し、顧客体験や技術戦略、導入戦略などのロードマップを開発することになる」と説明している。

  アマゾンは幅広い領域で実験を後押ししている巨大企業であり、求人があったからと言って必ずしも新商品につながるわけではない。

  だが、この求人広告の報道を受け、アマゾンの仮想通貨分野での野心を巡りありとあらゆる臆測を呼んだ。英金融情報のシティーA.M.は内部関係者を引用し、アマゾンがビットコインでの支払いを年末までに受け入れる計画で、2022年に独自の仮想通貨を導入する計画だとじた。

  この報道についてアマゾンは否定。「同分野に関心はあるものの、仮想通貨に関する具体的計画を巡る相次ぐ臆測は事実ではない」とし、アマゾンで買い物をする顧客にとってどのような可能性があるか模索することに引き続き注力する考えを示した。  

  ただ報道の否定に先立ち、アマゾンは仮想通貨に関心があることは認めていた。同社は求人広告が報じられた後、「仮想通貨の領域で起きているイノベーションに触発され、これをアマゾンにどのように活用できるか模索している。未来は時代に合った、スピーディーで低コストの決済を可能にする新たな技術の上に作られると信じている。そのような未来をアマゾンの顧客に一日も早く提供できることを望む」との文書を発表した。

  アマゾンは現在、仮想通貨での支払いを一切受け付けていないが、AWSはブロックチェーン技術のインフラ製品を販売している。  

原題:Amazon Job Posting Hints at Plan to Accept Cryptocurrency (2) (抜粋)

(アマゾンの報道否定コメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE