コンテンツにスキップする

中国・香港株急落、規制強化でパニック売りも-H株は弱気相場入り

更新日時
  • CSI300指数、3.2%安-ハンセン指数は4.1%安
  • H株指数は4.9%安-2月のピークから24%値下がり

26日の中国本土と香港株式相場は大幅下落。中国政府が週末に1000億ドル(約11兆円)規模の教育セクターを根本から転換し、外国からの投資を脅かす恐れもある大規模な見直しを発表したことを受け、民間の教育関連銘柄が大きく売られた。

  中国本土のCSI300指数は前週末比3.2%安。香港市場ではハンセン指数が4.1%安で終了した。香港上場の中国本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は4.9%下げた。H株指数は2月のピークから24%値下がりし、弱気相場入りした。

  京華山一の調査責任者、キャスター・パン氏は「市場でパニック売りが見られた。投資家は今、ここ数年にわたって堅調に伸びてきた全てのセクターへの規制を中国政府が強化する可能性を織り込みつつある」と指摘。「この時点で投資家が押し目買いできるとは思わない。底がどこかは分からない」と述べた。

New Oriental and Koolearn plunge again on Monday

  香港に上場する新東方教育科技集団は47%安と、終値ベースで上場後最大の下げ。同社は取引所への26日の届け出で、新規制による著しい悪影響があると警告。新東方在線科技は33%安で終了。ハンセンテック指数へのマイナス寄与が目立った。同指数は6.6%安となった。 

  JPモルガン・チェースのDS・キム氏らアナリストチームはリポートで、「最悪のケースが現実になった」と指摘。当該企業の上場が維持されるか不透明だと分析した上で、「こうした企業が新たな制度で余儀なくされる再編の水準が分からず、われわれの見解ではそうした銘柄は実質的に投資対象として不適になっている」とコメントした。

Short bets on New Oriental shares have exploded

原題:China Stocks Tumble in ‘Panic Selling’ Amid Education Crackdown、*HSCEI FALLS 24% FROM FEBRUARY PEAK, ENTERS BEAR MARKET(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE