コンテンツにスキップする

台風8号があす東京に上陸も、五輪や交通に影響の恐れ

更新日時
  • 27日から28日にかけての24時間で多い所で100-150ミリの恐れ
  • 東京五輪ではボートやアーチェリー競技再スケジュール

台風8号は27日に関東地方に接近し、上陸する恐れがある。関東甲信地方では27日から28日にかけて大雨となる可能性があり、東京五輪競技や交通への影響が懸念されている。

  気象庁によると、台風8号は26日午前3時時点で、日本の東の海上にあり、時速約20キロで北北西に進んでいる。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大瞬間風速は30メートル。東京地方では26日午前6時から27日同6時までに予想される24時間降水量は多い所で50ミリ、27日同6時から28日同6時までは多い所で100-150ミリ。

  政府は26日、台風上陸の見通しを踏まえ、関係省庁災害警戒会議を開催。棚橋泰文防災担当相は、十分な体制を確保し、地方自治体や関係機関への注意喚起や避難の判断にかかる助言を関係省庁に要請した。

  大会期間中の東京五輪は27-28日にサーフィンやセーリングなど多くの競技が予定されている。東京2020組織委員会は気象情報センターを設置し、気象衛星ひまわりによる30秒ごとの特別観測を行い、雷や大雨のリスクを早く正確に予測する対策を講じている。

  大会公式ウェブサイトによると、東京五輪の競技日程では、江東区の海の森水上競技場で行われているボートは26日の競技を25日に前倒ししたほか、27日分は28日以降に延期することを決めた。同区夢の島公園アーチェリー場でのアーチェリーも27日以降の競技日程をキャンセルや延期などで再調整した。

  JR東日本はウェブサイトで、関東・東北地方の一部路線で大雨や強風による列車の遅れや運休が発生する可能性があると説明。東武鉄道や西武鉄道、小田急電鉄と共に最新の運行状況に注意するよう呼び掛けている。

  ソニー、ルネサスエレクトロニクス、東芝、ジャパンディスプレイなど関東・東北に工場を持つテクノロジー企業は、いずれも現時点で通常稼働を予定している。

  

(3段落目と6段落目以降に情報を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE