コンテンツにスキップする

メキシコ大統領、新たな組織設立を提案-米州機構の代替として

  • ロペスオブラドール氏が中南米カリブ海諸国共同体首脳会議で発言
  • メキシコとアルゼンチンはOASのアルマグロ事務総長と対立

メキシコのロペスオブラドール大統領は24日、米州機構(OAS)に代わって、より独立した新たな組織を設立することを提案した。

  ロペスオブラドール氏は中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)首脳会議で、「OASを誰かに仕えるのではなく、橋渡し役となる真の意味で独立した組織に置き換えることを排除することはできない」と述べた。

  メキシコとアルゼンチンは、さまざまな問題を巡りOASのアルマグロ事務総長と対立している。アルマグロ氏がベネズエラのマドゥロ大統領を独裁者とみなし欧米諸国と同様の立場を取るのに対し、メキシコとアルゼンチンはより中立的。ロペスオブラドール氏はこの日の発言でアルマグロ氏の名前を挙げることはなかった。

  米ワシントンに事務局を置くOASは1948年に設立。加盟国は米国とカナダを含む35カ国。週末にOASの報道官にコメントを求めたが、すぐには返答が得られなかった。

原題:Mexican President Proposes Replacing OAS With New Institution(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE