コンテンツにスキップする

テスラのインド工場、輸入車販売成功すれば実現の公算大-マスク氏

  • テスラはインドへの参入計画を検討中と関係者
  • テスラ、インド政府にEV向け輸入関税の引き下げ求める-関係者

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はインドで自動車を生産する工場について、輸入車の販売が成功すれば、実現の「可能性はかなり高い」との見解を示した。

  テスラは世界有数の新興自動車市場であるインドへの参入計画を検討しており、現在は輸入関税の引き下げに向けロビー活動を行っていると詳しい事情を知る関係者が23日明らかにした。

  マスク氏はインドでの販売見通しに関する質問への回答で、「輸入関税は世界で最も高く、どの大国もはるかに上回っている」とツイート。その上で、「クリーンエネルギー車がディーゼル車やガソリン車と同じように扱われており、インドの気候変動対策目標とは全く一致していないと思われる」と指摘した。

  さらに、インドが「少なくとも一時的なEV向け関税軽減措置」を提供するのを期待していると述べた。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、テスラはインドの道路交通・高速道路省などへの書簡で、EV向け輸入関税を現行の60-100%から40%に引き下げるよう求めたという。

  インドのモディ政権は補助金を通じてEV業界への支援にコミットしているが、充電インフラ不足やコスト高などの要因により、これまでのところEVモデルの導入は限られている。

テスラは近くインド市場に参入へ-ガドカリ道路交通・高速道路相

原題:
Musk Says India Plant Likely if Tesla Succeeds in Importing Cars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE