コンテンツにスキップする

エラリアン氏、インフレは持続へ-的中した過去3回の予想同様に確信

  • 過去3回の予想はいずれも現実に-「これは4つ目だ」
  • 「米金融当局はペダルから足をゆっくりと外すべきだ」

債券市場で権威を持つモハメド・エラリアン氏の23日の発言は、債券投資家の注意を引くのに十分だ。

  独アリアンツの主任経済顧問でブルームバーグ・オピニオンのコラムニストでもあるエラリアン氏は、「インフレは一過性のものにはならない」とブルームバーグテレビジョンとのインタビューで発言。「私は過去3回の予想に関して、かなりの確信を持っていた。これは4つ目だ」と述べた。

  エラリアン氏はアルゼンチンがデフォルト(債務不履行)に陥るとした1999年の予想と、ブラジルはデフォルトを起こさないとした自身の予想に言及した。アルゼンチンはその2年後に現実となったほか、ブラジルの予想も当たった。3つ目は、10年以上前に起きた金融危機後の経済に関するもので、低成長が「ニューノーマル」になると提唱した。

モハメド・エラリアン氏

Source: AccuWeather

  「値上げを発表した企業がごまんとある。それは彼らが一段の価格上昇を見込み、それが長引くと想定していることを示す」とエラリアン氏は話した。

  米10年債利回りが現在1.3%を下回っている理由は、米金融当局が月額1200億ドルの債券購入で市場に流動性を注入しているためだと同氏は説明。「米当局はペダルから足をゆっくりと外すべきだ」と語った。

原題:
El-Erian as Sure Inflation Will Stick as Three Other Right Calls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE