コンテンツにスキップする

東京五輪、関係者の新型コロナ感染数が100人超え-今夜開会式

更新日時

東京五輪・パラリンピック組織委員会は、今大会関係者の新型コロナウイルス感染者数について、23日現在で新たに19人増え、累計110人に達したと発表した。今夜8時から開催される開会式は国内の感染拡大を考慮してほぼ無観客で行われる。

  発表によると、一日で19人の感染増は発表を始めた今月初め以降で最多。3人は選手で、そのうち1人は選手村に滞在中。国内外の関係者が10人、海外メディアが3人などとなっている。

Olympic Venues as PR Disasters Mount on Eve of Opening Ceremony

A Covid-19 polymerase chain reaction (PCR) test collection area at the main press center for the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games at Tokyo Big Sight in Tokyo, Japan, on Thursday, July 22, 2021. The Tokyo Olympics faced the latest in a series of PR disasters when they were forced to fire the director of the opening ceremony a day before it takes place.

  感染者数は数万人規模で来日するとみられる大会関係者の数に比べれば少数にとどまっているが、緊急事態宣言下の東京都などを中心に感染拡大が加速する一因になりかねないとの懸念が高まる可能性がある。東京都の新規感染者数は22日に1979人と1月以来の2000人台に接近、23日は1359人とやや減ったものの予断を許さない状態が続いている。

Tokyo Olympics Cases Jump as Games Start

More than 100 Covid-19 cases linked to the Games

Source: Tokyo 2020

Note: Data as of July 23

(第3段落2行目以降に東京都の新規感染者数の情報とチャートを追加します。)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE