コンテンツにスキップする

カジノ運営の豪スター、合併計画撤回-クラウン取り巻く不確実性で

オーストラリアのカジノ運営会社スター・エンターテインメント・グループは23日、同業の豪クラウン・リゾーツと合併する計画を撤回すると発表した。クラウンを巡り納税やマネーロンダリング(資金洗浄)規制に絡む問題が指摘され、同社がメルボルンで営業しているカジノの将来性に疑問が浮上していた。

  スターは「合併で大きな利益が得られる可能性があるものの、クラウンを取り巻く不確実性を踏まえ、現時点で合併案を継続することはできない」と説明した。

Crown Isn't Fit to Hold Melbourne Casino License, Probe Told

クラウンのカジノ(メルボルン、7月22日)

  法律の専門家らは今週、クラウンによるメルボルンのカジノ運営は適切ではないとする報告書を当局の規定に基づきまとめた。マネーロンダリングリスクへの対処を怠り、納税が過少である可能性があるものの、その実態を隠していると主張した。最終報告書は10月15日までに提出される。

原題:Star Scraps $9 Billion Merger Plan With Crown Resorts (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE