コンテンツにスキップする

JPモルガン、ブローカー部門のアドバイザーを倍以上に-富裕層狙う

  • 今後数年で500人余りを採用-他部門との連携を強化
  • JPモルガン・アドバイザーズは米国に21拠点を置いている

米銀JPモルガン・チェースはブローカー部門のアドバイザー数を倍以上に増やす計画だ。富裕層の顧客獲得競争が激しさを増す中で、ウェルスマネジメント業務を拡充する。

  USウェルスマネジメント部門を統括するクリスティン・レムカウ氏によれば、同行は今後数年で500人余りを採用し、同部門のアドバイザーを計1000人にする方針。ブローカー部門とリテール支店で働くウェルスマネジャーとの連携を強化し、アドバイザーが行内の他部門により効率的に顧客を紹介できるようにするという。  

  この取り組みは、元バンク・オブ・アメリカ幹部でJPモルガン・アドバイザーズを率いるフィル・シーグ氏が主導する。プライベートバンクやチェース・ウェルス・マネジメントとは別部門であるJPモルガン・アドバイザーズは、米国に21拠点を置いている。

原題:JPMorgan to Double Advisers as Wall Street Vies for Wealthy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE