コンテンツにスキップする

ベライゾン契約者数の伸びが予想上回る、販促奏功-通期予想上方修正

米携帯電話事業者ベライゾン・コミュニケーションズは4-6月(第2四半期)に、無線通信の契約者数が予想を上回る伸びを示した。販売促進キャンペーンが功を奏した。

  同社の21日発表によれば、4-6月の無線通信の月次契約者数は52万8000人の純増となり、アナリスト予想平均の36万400人純増を上回った。一部項目を除く1株当たり利益は1.37ドル。市場予想平均は1.30ドルだった。

  ベライゾンは同四半期に、携帯電話を下取りに出し、無制限の第5世代(5G)サービスプランに契約した顧客に対し、最高1000ドル(約11万円)を還元する販促活動を展開した。同社の契約者数は1-3月(第1四半期)に17万人純減していた。ベライゾンはこの販促を7月21日で終了し、必要な場合は将来的に再度実施する可能性があると説明した。

  同社はまた、通期の1株当たり利益予想を5.25-5.35ドルの範囲へと上方修正。アナリスト予想平均は5.14ドル。

原題:
Verizon Tops Estimates Fueled by Phone Deals, Raises Outlook (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE