コンテンツにスキップする

良品計画:新卒20代の執行役員も、デジタル人材100人規模採用

更新日時

良品計画は21日に示した中期経営計画で、リーダーや経営者人材を育成するために、入社2年後に店長になることを標準とし、優秀な人材については20代でも執行役員になれるキャリアパスを準備するとした。

  9月1日付で社長となる堂前宣夫専務が中期経営計画説明会で明らかにした。

H&M, Nike and Muji Face Boycotts in China as Xinjiang Dilemma Deepens

上海にある無印良品(2021年3月)

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

 また、デジタルの組織を専門化するために、100人規模の人材を採用する計画も明らかにした。このほか会社説明会を通年で行うことや、本部人員の約3割にあたる200名を順次、社外から採用する計画も示した。

  中期経営計画では、2024年8月期に売上高を21年8月期見込み比43%増となる7000億円とすることや、営業利益を同53%増となる750億円とすること、営業利益率を11%とするなどの数値目標も示された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE