コンテンツにスキップする

五輪選手のコロナ感染、南アのサッカーが試金石に-日本と22日対戦

  • 試合6時間前にPCR検査、13人の選手登録できなければ試合中止
  • 「ギロチン台の上にいるような状況」と南ア代表監督

東京五輪での試合直前に代表選手の新型コロナウイルス感染が発覚した場合はどうするか。正式開幕を翌日に控えた22日夜に行われる男子サッカー1次リーグ初戦で日本と対戦する南アフリカ共和国代表チームへの対処が試金石になりそうだ。

  南アサッカー協会によれば、選手2人とスタッフ1人がコロナ検査で陽性となり、選手ら18人が濃厚接触者に認定された。午後8時からの試合の6時間前に実施するPCR検査で陰性であれば出場は可能だが、13人の選手を登録できなければ、試合は中止となり、日本代表の不戦勝となる。

  国営南アフリカ放送協会(SABC)によると、南ア代表を率いるノトアネ監督は記者会見で、「われわれは今、ギロチン台の上にいるような状況だ。ここから逃れる方法を見つけなければならない」と述べた。

The Olympic and Paralympic Village Media Tour

コロナ禍の五輪には難題が山積

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  サッカーは日本が東京五輪で最も期待している競技の一つで、聖火台に火がともされる前に日本の初戦がコロナ感染で中止となれば、すでに問題を抱える今大会にさらに打撃を与えることになる。南ア代表が主力選手を欠いた状態でチーム編成を行った場合、五輪が最高の舞台であると言えるのかにも疑問が生じる。

  選手やスタッフは、一般の人々から隔離される「バブル」方式の中で感染を避けているが、開幕の数日前に選手村で感染者が相次ぎ判明したことからコロナ対策への懸念が生じている。主催者によれば大会関係者80人近くが陽性と判定された。

  大会組織委員会や国際オリンピック委員会(IOC)はコロナ感染の再拡大を受け、五輪ではほぼ無観客とすることを決めた。選手や関係者に対してはコロナ対策をまとめた「プレーブック」で行動管理や検査の徹底などを細かく定めているが、必ずしも万全でないことが分かってきた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE