コンテンツにスキップする

バンカーの仕事習得には週72時間が必要-JPモルガンのアードーズ氏

  • 1日12時間、週6日という勤務により2、3年で習得が可能に
  • 通常のトレーニングでは基本の習得に5年かかる-アードーズ氏

ウォール街で働き始めたジュニアバンカーがまず1日12時間、週6日という勤務を経験しなければならないのには理由がある。そう語るのはJPモルガン・チェースの資産運用・ウェルスマネジメント部門の責任者、メアリー・アードーズ氏だ。

  同氏はブルームバーグテレビジョンの番組で、それだけ高度な集中トレーニングを行うことにより、2、3年で仕事を習得できるようになると指摘。トレーニングをやや緩めれば5年かかる可能性があると付け加えた。アードーズ氏は、トップレベルで競争するためには1万時間の練習と専心が必要だという「1万時間の法則」を引き合いに出した。

ジュニアバンカーが仕事を習得するには、と語るアードーズ氏

(Source: Bloomberg)

  アードーズ氏は「いかなる分野においてもスキル習得には1万時間が必要だと考えた場合、1日8時間で週5日という通常の勤務では基本レベルの習得に約5年かかることになる」と指摘。「ウォール街では、むしろ1日12時間、週6日が必要だ。それにより、習得までの時間は2年半程度に短縮される」と述べた。

  番組の中でアードーズ氏は、6歳の時に祖母の小切手帳の収支を管理し、毎月数ドルの手数料を得ていたというエピソードを紹介。その時に資産管理のビジネスに初めて進出したと冗談めかして語った。 

原題:JPMorgan’s Erdoes Says Bankers Need 72-Hour Weeks to Master Job(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE