コンテンツにスキップする

「台湾」の呼称用いた代表部、リトアニアに開設へ-米国が支持

更新日時
  • 欧州に置く代表処はこれまで「台北」という呼称を用いてきた
  • 米国は台湾支持にコミットし続ける-米在台協会

台湾はリトアニアに台湾代表処(代表部に相当)を開設する。台湾の呉釗燮外交部長(外相)が20日の記者会見で発表した。

  台湾政府が欧州に置く代表処はこれまで「台北」という呼称を用いてきたが、初めて「台湾」を名乗る。呉部長は「リトアニアは民主主義や自由、人権といった普遍的価値を固く信じており、台湾と志を同じくするパートナーだ」と述べた。

Taiwan Foreign Minister Joseph Wu Says They are Not a U.S. Bargaining Chip in China Fight

台湾の呉釗燮外交部長(外相)

  台湾にある米代表機関、米在台協会(AIT)は蔡英文政権によるこうした方針への支持を直ちに表明。事実上の米国大使館であるAITは「優れた民主主義と重要な経済を有し、世界の善を促進する力である台湾との関係強化と協力拡大の追求において、全ての国々は自由であるべきだ」とする声明を発表した。

米中軍事衝突、台湾の離島から始まるリスク-中国の「危険なゲーム」

  声明は「台湾が国際的なパートナーシップを強化し、新型コロナウイルス感染症(COVID19)や投資審査、サプライチェーンの強靱(きょうじん)さといったグローバルな課題への対応に取り組む中で、米国の『一つの中国』政策に沿って米国は台湾支持にコミットし続ける」と説明した。

  中国国務院台湾事務弁公室は声明で、リトアニアでの台湾代表処開設は台湾独立を探る動きであり、反対すると表明。リトアニアに対しては一つの中国という原則に従い、台湾独立派に間違ったシグナルを送らないよう促した。

原題:U.S. Hails Taiwan Move to Open First Europe Office With Its Name、China Says It Opposes Taiwan’s Ties With Lithuania(抜粋)

(中国政府の声明を追加して更新します。更新前の記事では第1段落目に「開設」を加え訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE