コンテンツにスキップする

ウーバー、米でオンデマンドの食料品宅配サービス拡大-競争激化

  • サービスは米国でNYなど主要都市含む400余りの地域で利用可能
  • アルバートソンズと提携-セーフウェイなど1200店舗にアクセス

配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズが、米国でオンデマンドの食料品宅配サービスを拡大している。新型コロナウイルス禍で同サービスの競争が激化する中、利用可能な都市を2倍余りに増やし、大手食品スーパーとの提携にも動いた。

  ウーバーは昨年7月に同サービスを開始した。19日の発表文では、米国内でニューヨークやサンフランシスコ、ワシントンなど主要都市を含む400余りの地域で利用可能になったと説明した。

  発表によると、同社はまた、米食品スーパーのアルバートソンズと提携。セーフウェイやランドールズなど1200店舗をウーバーの顧客が利用できるようにした。新規顧客の獲得に向け、購入額が30ドル(約3300円)を超えると配送料が無料になり、配達時間を指定できる仕組みも導入する。

原題:
Uber Ramps Up On-Demand Grocery Expansion in the U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE