コンテンツにスキップする

輸出48.6%増と4カ月連続プラス、自動車が好調-6月

更新日時

日本の輸出は6月に前年同月比48.6%増と4カ月連続でプラスとなった。欧米やアジア向けの自動車・同部品が好調だった。新型コロナウイルス感染症の影響で経済活動が停滞した前年の反動も出た。

  財務省が21日発表した6月の貿易統計(速報)によると、中国向けの輸出は同27.7%増と12カ月連続でプラス。米国向けは85.5%増、欧州向けは51.1%増とそれぞれ4カ月連続で増えた。

  輸入は同32.7%増と5カ月連続のプラス。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は3832億円の黒字だった。

キーポイント
  • 貿易収支は3832億円の黒字(ブルームバーグ調査の予想中央値は4600億円の黒字)-前月は1894億円の赤字
  • 輸出は前年同月比48.6%増(予想は46.2%増)の7兆2208億円、4カ月連続増加-前月49.6%増
    • 輸出数量指数は37.2%増
  • 輸入は32.7%増(予想は28.2%増)の6兆8376億円、5カ月連続増加-前月27.9%増
輸出は4カ月連続プラス
(キーポイントとチャートを追加、輸出を中心に全体を書き換えて更新しました)
    Economic Release Details JNTBEXPY Index ECOD
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE