コンテンツにスキップする

リフレ取引は近く復活する、JPモルガンのコラノビッチ氏が予想

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

景気改善の恩恵を強く受けるはずの株価が最近、下落していることは行き過ぎであり、近く反転すると、JPモルガン・チェースのチーフグローバル市場ストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏が予測した。

  19日の金融市場では、いわゆるリフレーション取引の巻き戻しが加速した。新型コロナウイルスのデルタ変異の感染が急拡大しているほか、米国の経済成長がピークに達しつつあるとの懸念が高まっていることが背景だ。安全な逃避先とされるテクノロジーなどのグロース株に資金が流れ込んでいる。しかし、コラノビッチ氏は世界経済が新型コロナのパンデミック(世界的大流行)から回復する中で、インフレ加速が有利に働くバリュー銘柄がさらに上昇すると予測する。

  同氏は19日付のリポートで、「デルタ変異株が新たなロックダウン(都市封鎖)措置につながることはないだろう。死亡者の増加ペースも大きく減速した」と指摘。「デルタ株への不安が緩和され、予想外にインフレ上昇が長期化するにつれ、リフレ取引が近く復活すると見込んでいる」と指摘した。

原題:JPMorgan’s Kolanovic Sees Reflation Trade Revival Coming Soon(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE