コンテンツにスキップする

韓国大統領、五輪開幕に合わせた訪日見送り-駐韓公使の発言も影響か

  • 文大統領は菅首相と23日に会談の予定と一部メディアが報道していた
  • 文氏の対日政策巡る駐韓公使の発言、「極めて不適切」-官房長官

韓国の文在寅大統領は東京五輪の開幕式に合わせた今週の日本訪問を見送った。数日前には駐韓日本公使が文大統領の対日政策を巡り不適切な発言をしたとして韓国側が抗議していた。

  韓国大統領府は19日、大統領の訪日見送りを発表。朴洙賢・国民疎通首席秘書官は声明で、韓日で「2国間の歴史問題と未来志向の協力について有意義な話し合いをした」ものの、首脳会談開催に至る結果とはならなかったと説明した。

  読売新聞は菅義偉首相と文大統領が東京都内で23日に会談し、2019年12月以来となる正式な日韓首脳会談が行われる予定だと報じていた。

  菅首相は文大統領の訪日見送りについて記者団から問われ、「さらに日韓関係を健全な関係に戻すため、今後ともわが国の一貫した立場に基づいて韓国側としっかり意思疎通を行っていきたい」と述べた。

  加藤勝信官房長官は19日午前の記者会見で、在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が韓国メディアとの懇談で性的表現を用いて文政権の対日政策について触れた問題で、「外交官として極めて不適切な発言がなされたことを大変遺憾だと考えている」と語った。菅首相首相も午後、同様の認識を記者団に伝えた。

原題:South Korea’s Moon Halts Tokyo Olympic Trip as Tensions Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE