コンテンツにスキップする

トヨタ、社長ら五輪開会式に出席せず-国内で五輪CM放映もなし

更新日時
  • トヨタはパナソニック、ブリヂストンと並び五輪最高位のスポンサー
  • トヨタはコロナ禍での開催意義や安全対策などの説明を求めていた

東京五輪・パラリンピックの最高位のスポンサーを務めるトヨタ自動車は19日、豊田章男社長ら関係者が開会式に出席しない方針だと明らかにした。国内では五輪に関するテレビCMを放映しないという。

Toyota President Akio Toyoda Attends A News Conference

五輪のスポンサー契約について発表する豊田社長(左)とIOCのバッハ会長(2015年3月13日)

Photographer: Akio Kon/Bloomberg *** Local Caption *** Akio Toyoda; Thomas Bach

  広報担当の山田詩乃氏が電子メールでの取材に明らかにした。山田氏によると、開会式に関係者が出席しないのは無観客開催となったことなどを受けた措置としている。五輪向けのプロモーション用CMはもともと予定していなかったという。

  トヨタはパナソニックやブリヂストンなどと並び、五輪・パラリンピックの最高位のスポンサーである「ワールドワイドパートナー」の1社。トヨタは東京五輪・パラリンピックについて、コロナ禍での大会を開催する意義や安全対策などの説明を大会関係者に求めていた。

トヨタ、コロナ禍での東京五輪の開催意義や安全対策の説明求める

(トヨタ広報への取材内容を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE