コンテンツにスキップする

ブラジルのボルソナロ大統領が退院-腸閉塞で治療後

ブラジルのボルソナロ大統領は18日、腸閉塞と診断され治療を受けていたサンパウロ市の病院を退院した。病院側の最新の発表で明らかになった。同氏を担当している医師団は前日に大統領の状態が「非常に良好」だと説明していた。

  ボルソナロ氏(66)は首都ブラジリアの病院に検査入院後、14日にサンパウロの病院に転院していた。

ブラジルのボルソナロ大統領が入院、しゃっくり止まらず腹部に痛み

  ボルソナロ氏は選挙運動中の2018年に暴漢に腹部を刺され、その後何度か手術を受けていた。同氏は17日のツイッターへの投稿で、今回の症状は18年の事件が原因だとしていた。

  グロボニュース・チャンネルによると、ボルソナロ氏は18日中にブラジリアに戻る予定だ。

原題:Brazil’s Bolsonaro Discharged From Hospital After Blockage (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE